MENU

ホーム > 選ばれる理由 > 選ばれる理由3

遠州にピッタリ!春のような家

「かなめ創建は高気密・高断熱に対応していますか?」
このようなお問い合わせを時々いただきます。

かなめの家は、いわゆる高気密・高断熱には対応していません。
理由はいくつかありますが、やはりここは遠州であって、北海道や東北などの雪国仕様の造りは過剰だと考えているからです。
それよりも遠州の温暖な気候にピッタリの造りの方が、快適に過ごせます。高気密・高断熱にしなくても、心地いい家になります!

高気密・高断熱にして光熱費を幾ばくか節約するより、遠州の気候を活かし、自然を感じながら暮らす方が、心身ともに健康でいられると考えています。

高気密・高断熱の家は、暖めた空気は暖かいまま、冷やした空気は冷えたままの状態を維持するので、『魔法瓶のような家』とたとえられます。対して、かなめの壁体内通気循環システムの家は、『春のような家』と呼んでいます。

壁体内通気循環システムが創り出す『春のような家』

壁体内通気循環システムは、基礎に造られた窓と小屋裏の換気口を季節に合わせて開閉することで、 壁の中や小屋裏、床下に空気の流れをつくります。
冬は換気口を閉め、太陽熱で暖められた空気がクルクル循環。
暖められた壁の中の空気が、毛布のようにフワッと家全体を包んでくれます。
夏は換気口を開け、空気を逃がします。

太陽光を受け、屋根裏にジリジリ熱くなった空気が溜まります。この熱い空気を外にサッと逃がします。常に熱い空気を逃がしているので、室内の温度が上がるのを防げます。
冬が近づいてきたら冬服を、夏が近づいてきたら夏服を用意するように、家の衣替えをします。
猛暑日、出かけて窓を開けられなくても、
「夕方帰ってきたら蒸し風呂のようだった・・・」なんて心配はいりません。

かなめの『春のような家』は、自然のエネルギーを利用して心地よく暮らせる家です。
自然エネルギーだけで、〈寒い日は寒すぎず、暑い日は暑すぎず〉室温をコントロールします。
近年、驚くほど寒い日があったり猛暑日が続いたり、異常気象は当たり前です。

ですので、冷暖房を全く使わないわけにはいきませんが、うららかな春の日のように少しの温度調節で快適な空間を保てます。
高気密・高断熱にしなくても、心地いい家は建てられます!
窓を開けると感じられる季節ごとの花の香りや、雨が降ったときの土のにおい、日が長くなったね、もう秋の風だねと、心が豊かになるのは、自然にふれているからだと思います。

遠州は雪国のような寒さはありません。しかし、雪国よりもジメジメ暑くなります。
自然の力を取り入れ、遠州の気候に適した造りに目を向けてみてはいかがでしょう。

かなめ創建が選ばれる6つの理由

資料請求はこちら
展示場のご案内

資料請求はこちら
展示場のご案内
施工例
見学会・イベント情報
物件情報

お知らせ

お問い合わせはこちら
浜松本社スタッフブログ
湖西店スタッフ ブログ
かなめtube

浜松本社

〒435-0035 浜松市南区西伝寺町201

湖西店

〒431-0427 湖西市駅南2丁目14-8

株式会社 かなめ創建

© 2017 注文住宅なら浜松市の工務店かなめ創建 All rights reserved.