Blog
お問合せ

Housing Technology

かなめが良い理由3  高度なハウジングテクノロジー 技術力 ハウジングテクノロジー   

ポイント1

地震に強い特許を取得!

かなめの「基礎」と「工法」


01

ダブル配筋のベタ基礎

建物が乗るベースとなる基礎工事は極めて重要です。

かなめ創建では通常の 2階建て住宅にも、床下一面をコンクリートで覆う『ベタ基礎』を採用しています。

コンクリートの中には鉄筋が入っています。

通常、この鉄筋は一重(シングル配筋)ですが、かなめの家は二重(ダブル配筋)です。
ダブル配筋は鉄筋の量が多いので、強度が格段に上がります。

ダブル配筋のベタ基礎は、基礎の中でも非常に強く、地震などの衝撃を受け止めます。

また、力の集中しやすい角の部分に鉄筋を補強し、強度を高めています。

基礎全体を二重の配筋にして、強度を高めています。

下記は、基礎の配筋の様子です。基礎全体を二重の配筋にして、強度を高めています。





02

かなめ独自の
【落とし蓋工法】

遠州地域で暮らす限り、常に大地震の恐怖と隣り合わせです。

当然のことながら、多くのお客様が地震対策を気にされます。

地震に強いといわれる工法の中に、「パネル工法」があります。

その代表格が「2×4 (ツーバイフォー)」。

かなめが開発し、特許を取得した独自の『落とし蓋工法』は、2×4(ツーバイフォー)の 2.8倍の強さです。これは実験でも証明されています。




では、弊社の落とし蓋工法とパネル工法では何が違うのでしょうか。

落とし蓋工法は 2階の床に使います。

構造用の木材に合板の厚さと同じ溝を掘り、そこに床板をカポッとはめ込みます。

パネル工法や在来工法は、構造用の木材の上に床板を並べて置くだけですが、落と

し蓋工法は、床板が構造材にピッタリと収まります。

床が構造材と一体化するイメージです。


板はパズルのようにはめ込みます。



溝の深さと同じ厚みの板をはめ込むため、表面が平らになり、強度が増します。



全体を見ても段差がなく、安定感が見て取れます。



03


3.1かなめ独自の【組込み工法】

壁も床と同様です。

通常は構造材を合板で覆いますが、「かなめの家」は合板を構造材にはめ込みます。(組込み工法)



家の真ん中にあたる 2階の床と壁 4面の構造材に合板がはめ込まれれば、より揺れにくく、歪みにくくなるのはご想像いただけると思います。


「でも、構造用の木材を削って大丈夫なの?」


はい、大丈夫です。

木材には溝を掘っても充分な厚みを残してあり、建築基準法もしっかりクリアしていますので、心配はいりません。

03


3.2独自工法の開発のきっかけ

家は、ご家族の安全を守らなくてはなりません。


ご家族が安全に過ごせる家を建てるのが、私達の使命です。

そこで開発したのが、当社独自の【落とし蓋工法】と【組込み工法】です。


阪神大震災で、逃げる間もなく倒壊した家。その多くが木造住宅でした。

「では、地震の揺れに負けない家にするには一体どうしたらいいのだろうか?」

そう考えたとき、ふと

「床板を置くのではなく、はめ込んだら強くなるのではないか」とひらめきました。

そして実験を何度も積み重ねた結果、その強さを実証できました。

かなめは、当社独自の【落とし蓋工法】と【組込み工法】で、地震に強い家を実現します。

頑強な「基礎」と2つの独自工法による地震に強い家を、ぜひ当社の現場見学会でご体感ください。


TOP